アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


オーナーへメッセージ

2016年07月01日

目配り・

「目付(めつけ)」とは、
「目のつけよう」の意味で、「目配り」のことだ。

 目配りは、大きく広い視野で
 行うのがコツである。

 目配りには、心で見る「観(かん)」と
 目で眺める「見(けん)」の二種類がある。

「観」は強く、「見」は弱い。

 遠方のものは近くに
 たぐり寄せるようにして見ることで、
 その本質を見抜き、
 近くのものは、逆に遠くから眺めるようにして
 対局を判断することが大切なのだ。


 ◆ 『五輪書』
  (宮本武蔵・著、城島明彦・現代語訳)より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目配り・・・大切だなあ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。