アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


オーナーへメッセージ

2016年06月30日

【第一巻】
  ・序──「十牛図」とは何か 
  1.牛(本当の自己)を探す──尋牛
  2.牛の足跡を見つける──見跡

 【第二巻】
  3.牛を見つける──見牛
  4.牛をつかまえる──得牛
  5.牛を飼いならす──牧牛
  6.牛に乗って家に帰る──騎牛帰家

 【第三巻】
  7.牛のことを忘れる──忘牛存人
  8.自分のことも忘れる──人牛?忘
  9.はじまりにかえる──返本還源
  10.街へ出て、童子と遊ぶ──入てん垂手
・・・・・・・・・・・
自分は?
 
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月29日

 我が燃ゆる道

生きるとは
 燃ゆることなり
 いざやいざ
 進まんこの道
 我が燃ゆる道

   ──『平澤興一日一言』より

・・・・・・・・・・・・・・・・・
くいはないですねえ。
ありがたいことは、数知れずとも・・・  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月28日

人生を開く鍵

自己内発的な夢というのは、
 そこに喜びがある。

 喜びを抱いて努力することが、運を呼び寄せ、
 人生を開く鍵になると思うのである。


 ◆知を磨き、運命を高める366の言葉
 『渡部昇一 一日一言』(渡部昇一・著)より
・・・・・・・・・・・
喜びを見つける視点をもつ  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月27日

吐く息は感謝でありますように

どんな不幸を吸っても吐く息は感謝でありますように
・・・・・・・・・・
そうありたいもの  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月26日

心に年を取らせてはならない

身体に年を取らせても、心に年を取らせてはならない。
常に青春であらねばならないと、心持ちを養うように努めている。
すると、ものの考え方が若々しくなってくる。希望が次々と湧いてくる

松下幸之助(経営の神様)
▼月刊『致知』2010年10月号「一生青春、一生修養」
・・・・・・・・・
出不精になったなあ。
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月25日

しあわせは

しあわせは いつも じぶんの こころが きめる

相田みつを(書家)/相田一人
▼月刊『致知』2010年10月号「一生青春、一生修養」より

・・・・・・・・・・・
ですよねえ。
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月24日

最高の人とは 

最高の人とは この世の生を 精いっぱい 力いっぱい 命いっぱい 生きた人

坂村真民(仏教詩人)
▼月刊『致知』2010年5月号「精進の中に楽あり」より
・・・・・・・・・・・
西脇小学校の横で、朝夕毎日、12年学校の横に立ち、子どもの見守りをしてくれている方がいる。
すごいことだなあ。  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月23日

自分の周りに幸せな環境をつくるかが

人に何かをしてもらうことを当たり前とは思わずに、どのように自分の周りに幸せな環境をつくるかが大事

荒美有紀(東京盲ろう者友の会理事)
▼月刊『致知』2016年4月号「夷険一節」【最新号】より
・・・・・・・・・・・・・・

人が環境をつくる  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月22日

有終の美を迎えられるよう

自分のいまいる場で最後まで全力を尽くすことが、新しい道が開けてくる一番の大本。
一瞬、一瞬を大切に、常に有終の美を迎えられるよう努力を重ねてゆきたいものです

伊與田覺(論語普及会学監/100歳)
▼『人生を導く先哲の言葉』(致知出版社刊)より
・・・・・・・・・・・・

自分が立っている所をほる。
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月21日

実現するか否かは

物事を実現するか否かは、まずそれをやろうとした人が“出来る”と信じることから始まる。
自ら“出来る”と信じたときにその仕事の半分は完了している

永守重信(日本電産創業者)
▼月刊誌『致知』1999年7月号より
・・・・・・・・・・・・・・
自分が信じなくては、誰が信じるのか

  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)