アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


オーナーへメッセージ

2016年07月04日

どんな難事に出逢っても

世に処するには、どんな難事に出逢っても
 臆病ではいけない。

“さあなにほどでも来い。

 おれの身体が、ねじれるならば、
 ねじってみろ”

 という料簡(りょうけん)で
 事をさばいてゆくときは、
 難事が到来すればするほど
 おもしろ味がついてきて、
 物事は造作もなく落着してしまうものだ。


             ──勝 海舟

・・・・・・・・・・・・・
おお・・・・
まったく、今の心境です。


ところで、本日、まごの1歳誕生日
元気に今日を迎えられて、本当におめでとう。
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年07月03日

仕事の報酬は仕事です。

人は仕事によって磨かれ、
 仕事によって鍛えられます。

 いいかげんな仕事をしていては、
 信頼を勝ち取ることはできないし、
 決して人に認めてもらえることはありません。

 仕事の報酬は仕事です。

 責任を果たすために、
 懸命に努力している人に、仕事は集まります。


 ◆プロの仕事人になるための心得
  『すごい仕事力』(朝倉千恵子・著)より
・・・・・・・・・・
いいこというなあ

私も、仕事の報酬として、今の仕事をいただいた気がしてきました。
幼稚園の仕事を精一杯して
大学非常勤の仕事をいただけたように  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年07月02日

 苦中楽あり

 安岡正篤師の座右の銘

   「六中観(りくちゅうかん)」


 忙中閑(かん)あり
  ──忙中に掴んだものこそ本物の閑である。

 苦中楽あり
  ──苦中に掴んだ楽こそ本当の楽である。

 死中活あり
  ──身を棄(す)ててこそ浮かぶ瀬もあれ。

 壺中天あり
  ──どんな境涯でも自分だけの
    内面世界は作れる。

 意中人あり
  ──心中に尊敬する人、相ゆるす人物を持つ。

 腹中書あり
  ──身心を養い、経綸(けいりん)に
    役立つ学問をする。



 ◆安岡正篤入門の書としてもおすすめ
 『安岡正篤一日一言』(安岡正泰・監修)より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 苦中楽あり
そう思って、前向きに
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年07月01日

目配り・

「目付(めつけ)」とは、
「目のつけよう」の意味で、「目配り」のことだ。

 目配りは、大きく広い視野で
 行うのがコツである。

 目配りには、心で見る「観(かん)」と
 目で眺める「見(けん)」の二種類がある。

「観」は強く、「見」は弱い。

 遠方のものは近くに
 たぐり寄せるようにして見ることで、
 その本質を見抜き、
 近くのものは、逆に遠くから眺めるようにして
 対局を判断することが大切なのだ。


 ◆ 『五輪書』
  (宮本武蔵・著、城島明彦・現代語訳)より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目配り・・・大切だなあ  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年06月30日

【第一巻】
  ・序──「十牛図」とは何か 
  1.牛(本当の自己)を探す──尋牛
  2.牛の足跡を見つける──見跡

 【第二巻】
  3.牛を見つける──見牛
  4.牛をつかまえる──得牛
  5.牛を飼いならす──牧牛
  6.牛に乗って家に帰る──騎牛帰家

 【第三巻】
  7.牛のことを忘れる──忘牛存人
  8.自分のことも忘れる──人牛?忘
  9.はじまりにかえる──返本還源
  10.街へ出て、童子と遊ぶ──入てん垂手
・・・・・・・・・・・
自分は?
 
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)