アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


オーナーへメッセージ

2016年01月31日

自分を主語にして生きること

「人生で大事なことは、
 自分を主語にして生きること」

       福島智(東京大学教授)
・・・・・・・・・・
自分の責任で・・・

  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月30日

生きているからには

生きているからには
 しょぼしょぼとした
 目なんかせず
 生き生きした
 魚の目のように
 いつも光っていようではないか

 生きているからには
 くよくよした
 泣きごとなんか言わず
 春の鳥のように
 空に向かって
 明るい歌をうたおうではないか

 生きているからには
 できるだけ世のため人のため
 体を使い
 あの世へ行った時
 後悔しないように
 発憤努力しようではないか


 『坂村真民一日一言』(坂村真民・著)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月29日

この賜った奇跡の命

「一度しかない、この賜った奇跡の命を
 最高に生かし切るのが私たちの役割。
 惰性で生きるなどもってのほかです」

       渡辺知子(ミュージシャン)
・・・・・・・・・・・
時間デザイン

何度もでるということは、自分の課題
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月28日

自分の仕事に惚れる

 「自分の仕事に惚れる。
  天職だと考える」
   福地茂雄(アサヒビール社長)

・・・・・・・・・・・・
ついているのです。
やれば、すきになり、すきになれば、さらに頑張れる。  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月27日

「七楽の教え」

【富山の薬売りに伝わる「七楽の教え」】

 楽すれば 楽が邪魔して 楽ならず
 楽せぬ楽が はるか楽楽


 ◆老舗研究50年のカリスマ講師が語る
  商売繁盛の法則
 『百年以上続いている会社はどこが違うのか?』
             (田中真澄・著)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おもしろく、忙しく、  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月26日

ひたすら信じる心

「命ある限り希望を無くしてはなりませぬ。
 必ずよくなると、ひたすら信じる心を
 失のうてはなりませぬ」

      石川真理子(文筆家)
・・・・・・・・・・・・・・
ついています

  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月25日

何事も ならぬといふは 

「何事も ならぬといふは なきものを
 ならぬといふは なさぬなりけり」

       吉田松陰
・・・・・・・・・・・・・・

短き一生
今、小さなことをしましょうよ。
時間デザイン
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月24日

逢うべき人には必ず逢える

「人間は一生のうち逢うべき人には必ず逢える。
 しかも一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に──」

       森信三(哲学者)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出会いの大切さ  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月23日

 その人の性格の中にある

「運命は、
 その人の性格の中にある」
(芥川龍之介)
・・・・・・・・・・・・・・・
いえたり・・・  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)

2016年01月22日

『ぼくの命は言葉とともにある』

<<指先の宇宙>>

 ぼくが光と音を失ったとき、
 そこには言葉がなかった。
 そして世界がなかった。

 ぼくは闇と静寂の中でただ一人、
 言葉をなくして座っていた。
 ぼくの指にきみの指がふれたとき、
 そこに言葉が生まれた。

 言葉は光を放ちメロディを呼び戻した。
 ぼくが指先を通して
 きみとコミュニケートするとき、
 そこに新たな宇宙が生まれ、
 ぼくは再び世界を発見した。

 コミュニケーションはぼくの命。
 ぼくの命は言葉とともにある。
 指先の宇宙で紡ぎ出された言葉とともに。


 ◆18歳で光と音を失った著者
 『ぼくの命は言葉とともにある』(福島智・著
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  
Posted by プラス at 20:20Comments(0)